カテゴリー「未分類」の記事

これまでの電球に比べ驚きの明るさと光量!

2014年7月10日 / 未分類

道路02
ハロゲンライトなどのフィラメントを使う電球と違い、放電管を使用するHIDは低消費電力でありながらハロゲンライトよりも明るく、光量もあるところが最大の特徴です。またハロゲンと違い光の明るさを表す温度、ケルビン数を調節できるので、黄色や白色または青色に変えることもできます。これにより車のドレスアップ効果が期待できますが、一般的にケルビン数が高すぎると逆に夜道で視認性を悪くする恐れがあるうえに、車検が通らなくなるので気をつけましょう。最適なケルビン数は6000ケルビンと言われており、この状態が一番明るくて夜道でもかなり視認性が向上して遠くのものが見えるようになります。また、4000ケルビンぐらいまで落として黄色のライトに切り替えた方が、雨天時や吹雪の時は雨や雪による光の反射を抑えられるので、黄色もおすすめです。しかしデメリットとしてはハロゲンに比べて高価になります。ハロゲンライトのバルブは一般的に数千円で購入できるのに対して、こちらは国産の製品だと数万円します。外国の輸入ものだと比較的に安く購入できますが、造りがチープで壊れやすいというデメリットがあるので、購入するときは国産品を買うことをオススメいたします。

明るい、見やすい、長寿命なHID

2014年7月10日 / 未分類

車を運転される方に対しましては、色々な苦労があることと考えられます。その苦労も非常に多くの事があるでしょうが、それは運転操作に関する苦労もあるでしょうし、また土地勘によるものもあるでしょう。また全員に関係する事としまして、体の疲労度も関係してきます。特にこのような問題は危険に対する注意を妨げるような要因ともなることから、できるだけそのようなことにならないように、ドライバー自身が気をつけておかなければならないことして考えられてもいます。
私たちの体が疲労するということにつきましては、特に夜間の運転なんかもこれに関係すると言えるのではないでしょうか。辺りが暗いという状況の中で運転を長時間行いますと、まずは目の疲労が出てくる事となります。前方の状況を判断するのに必用となる能力が劣ることに該当しますので、如何にこのような事にならないようにするのかが重要となるでしょう。
夜間ではヘッドライトを使用する事となりますが、ヘッドライトの種類でも、最近ではHIDランプが出回っており、従来のハロゲンランプよりも明るいという事が特徴です。それ故に前方が見やすい事となる他にも、長寿命であることからも、このランプを使用される事をお薦めいたします。

HIに変えるならコレが必要!

2014年7月10日 / 未分類

長年にわたって一般的な自動車のヘッドライトにはハロゲンライトが使用されてきました。ハロゲンの場合では、比較的安く購入することができ、カー用品などを取り扱うショップでも、数多くの種類のものが用意されているために、使い勝手に関しては優れた一面を持っているものとしても知られています。しかし、近年では色温度の高いHIDバルブを利用している自動車も増えていて、純正品として初めから装着されている自動車も多数存在しています。HIDの交換に関しては、バルブをそのまま交換することによって速やかに作業を進めることができますが、ハロゲン式のものからHIDバルブへと交換を行うためには必要とされているパーツが存在しているために、注意が必要とされています。そのパーツはバラストと呼ばれているものになり、電源安定させるための装置になります。電源部とバルブの間に設置することが必要とされているものになり、キットなどで購入された方の場合では、その多くがバラストもパーツとして入っているものになります。交換を行う際に注意したいこととしては、バルブのガラス部分など、発光する部分に手で触れてしまうことが無いように配慮することが必要になります。

LEDのメリット!消費電力を抑えられる

2014年7月10日 / 未分類

車を運転する上で安全に運転することはドライバーの責務であり、同時に車の存在を歩行者などに知らせる必要があるケースが多々あります。
トラックなどの業務用で使われる車の多くは、補助灯と呼ばれるライトを昼間でも点滅させています。
これを点滅させておくことで、歩行者に対して事前に車の存在を示す役割があるのです。
近年では、消費電力を抑えたLEDを採用した製品が販売されており、このような製品を使用することでバッテリーの負担を減らすことが出来るようになります。
補助ライトは使用することで経年劣化を起こし、次第にランプが切れてしまいます。
定期的に交換する必要がありますが、LEDを採用することで出来るだけ長く使うことが可能になり、交換回数を減らすことが出来るので、結果的には経済的です。
補助ランプを購入するには、ホームセンター・家電量販店の自動車関連用品販売コーナーやカー用品販売店などで購入することが可能であり、入手出来ます。
車のパーツはそれぞれ消費電力が低くなるように設計される傾向にあり、無駄なエネルギー消費を抑えることが出来るようになっています。
カー用品販売店などで購入することが出来るパーツを上手く使用することで、より一層快適なカーライフを送ることが出来るでしょう。

デイライトとして大活躍する

2014年7月10日 / 未分類

自動車に補助灯を取り付けると、デイライトとしても有効に使うことができます。これは、昼間でも自動車が近づいて来れば、その光によって歩行者や他の自動車が気が付きやすくなるというメリットがあります。特に歩行者に早く気が付いてもらえるのは、安全性向上のために大変有効なことです。
デイライトは、道路交通法という法律で決められている、自動車の灯火の中では、その他の灯火に分類されるものです。また、この法律は、夜間は自動車はヘッドライトを点灯することを義務付けていますが、昼間にライトをつけることを禁止していませんので、法律違反にもなりません。但し、フロントグリルやバンパーと言った車の前方に取り付けなければ意味がありませんが、その場合には、灯火の色が赤色以外でなければなりませんし、光度が300カンデラ以下でなければなりません。また、点滅しない光で、自分や他の車の運転を妨げないようにしなければなりません。
また、安全性も大変重要ですが、自動車を運転する身になって考えると、燃費も課題となります。日中ずっと点灯しているというその特性から、消費電力が低いLEDを用いたものを使用すると、車のバッテリーへの負担が下がり、ひいては燃費への影響も少なくなります。

補助灯を選ぶなら?

2014年7月10日 / 未分類

ウィンカーやストップランプ、バックランプに室内灯と、実は車には多くの補助灯が用いられています。ウィンカーだけでも最低6か所は使われています。そして案外これらのランプは球切れが早いことがあります。球切れに気付かずに運転していると、整備不良として取り締まりの対象にもなりますから気を付けたいものですし、事故の原因にもなってしまうことがありますから日頃から十分注意したいものです。では球切れを起こしてしまったら、新しいものと交換するわけですが、どんなものを選べばよいでしょうか。おすすめなのはLEDです。発光ダイオードを利用したLEDランプは通常の電球に比べて圧倒的に消費電力が少なく、バッテリーへの負担が非常に軽くなることが最大の利点です。たった一つのランプ、と考えがちですが、先ほども書いたように1台の補助ランプの数は決して少なくありません。またエアコンにカーナビと今日の車は電装品が非常に多く、バッテリーの負担も相当なものになっているのです。したがって補助ランプだけでも消費電力が少なくなればその分バッテリーに余裕ができ、長い目で見れば燃費の向上にもつながることが考えられます。エコなカーライフのトレンドにもマッチしますので、補助ランプの交換の際には検討してみてください。

暗いなと思ったら!高性能ハロゲンバルブに交換

2014年7月10日 / 未分類

夜に、しかも雨の日に車を運転しなければならないことはありませんか?夜道の雨は暗くて前方がよく見えずとても危険ですよね。それでも時間に追われて急がなければならない時は本当に大変な思いをします。そんな時に少しでも車の前方が明るく照らし出されれば助かります。もしあなたが夜道を運転していて「暗いな」と思ったら、車のヘッドライトの電球(バルブ)を高性能ハロゲンバルブに交換されることをおすすめします。ヘッドライトは一見交換不能なように思えますよね。確かにハロゲンバルブをHIDやLEDなど別の光源に交換することは非常に難しく、また出来たとしてもとてもコストがかかってしまうのですが、同じ電球式の光源であれば、電球を交換することによってその性能を著しくアップすることができるのです。そしてその光を好みの明るさや色に変えることもできるのです。カー用品店のハロゲンバルブ売り場に行ってみましょう。雨の日や霧の日に運転することが多い方にはやや黄色がかった色をおすすめします。白い波長に比べて黄色い光の波長はより遠くまで届き視界が悪い時にも有効です。また黄色い光は歩行者や対向車からも目を引きますので、イギリスなどでは昔から黄色いバルブの装着が義務付けられていたほどです。ドレスアップの一つにもなりますからぜひ試してみてはいかがでしょうか。

車の電球は急速に進歩している

2014年7月10日 / 未分類

車のヘッドライトは夜間走行や霧や豪雨の際の走行になくてはならない部品であり、保安上も重要な部品です。このヘッドライトの命ともいえる部品が電球です。クルマの電球を巡っては技術開発のスピードが非常に早くなっていて、今急速に進歩しています。十数年前までは車のヘッドライトの基本はハロゲンバルブとよばれる電球でした。これはガラス管の中にハロゲンガスを封入したもので、このガスのおかげで飛躍的な明るさを獲得することができたのです。しかし電球であることには変わりなく、寿命もそれまでの電球に比べれば長くあったものの、せいぜい数年程度でした。その代りに登場してきたのがHIDと呼ばれるものです。これは電球のように発光元に電線を用いるものではなく、放電現象を利用した電球です。ハロゲンバルブに比べて消費電力が抑えられかつ球切れがないということが大きな特長です。しかしコストが高くついてしまうことが難点でした。そして今日最も注目されているのがLED(発光ダイオード)です。LEDはご存知のとおり今や様々な照明に用いられていますが、消費電力が圧倒的に少ないうえに、明るさが確保でき何よりも球切れがないことが大きな特長です。まだまだコストは高くつきますが、メーカー側にしてもその小ささゆえにデザイン的な制約が少ないことも大きな特長です。この発光ダイオードの登場で、車のデザインの新たな可能性が開けたと言っても過言ではないでしょう。

電球を選ぶ方法

2014年7月10日 / 未分類

 自動車には様々な電球が設置されており、夜間の運転の際に視界を確保するヘッドランプや室内の照明となる小さなものまでその種類は様々です。近年では照明技術の発達によって、高圧水銀ランプ、メタルハイライトランプ、LEDなどような多種多様の光源が開発されており、これから自動車に取り付ける際にどれにしようかと迷ってしまうかもしれません。それぞれの光源ごとの特徴もありますから、よく確認してみましょう。光源の種類によって寿命や消費電力などの機能的な特徴があり、また値段も大きく異なるからです。
 これらの物は自動車のメーカーや車種によって適合もしくは不適合があるので、取り付ける際、購入する際にはよく注意をしなければなりません。不適合なものは、取り付けられなかったり欠陥の原因となったりするからです。こういったランプの適合は、その製品の販売メーカーのホームページは自動車関連のWEBサイトで公表されていますから、購入する際には参考とするのがよいでしょう。また、製造メーカーによってはランプのカラーや大きさが選べるものがあるので、寿命や消費電力などの機能面も吟味しながら、自分のお気に入りのランプを選ぶのがよいでしょう。

TOPへ戻る