HIに変えるならコレが必要!

2014年7月10日 / 未分類

長年にわたって一般的な自動車のヘッドライトにはハロゲンライトが使用されてきました。ハロゲンの場合では、比較的安く購入することができ、カー用品などを取り扱うショップでも、数多くの種類のものが用意されているために、使い勝手に関しては優れた一面を持っているものとしても知られています。しかし、近年では色温度の高いHIDバルブを利用している自動車も増えていて、純正品として初めから装着されている自動車も多数存在しています。HIDの交換に関しては、バルブをそのまま交換することによって速やかに作業を進めることができますが、ハロゲン式のものからHIDバルブへと交換を行うためには必要とされているパーツが存在しているために、注意が必要とされています。そのパーツはバラストと呼ばれているものになり、電源安定させるための装置になります。電源部とバルブの間に設置することが必要とされているものになり、キットなどで購入された方の場合では、その多くがバラストもパーツとして入っているものになります。交換を行う際に注意したいこととしては、バルブのガラス部分など、発光する部分に手で触れてしまうことが無いように配慮することが必要になります。

コメントは受け付けていません。

TOPへ戻る